カーフィルム施工

■ カーフィルム施工

快適なカーライフに欠かせないアイテム、カーフィルムは熱線遮断、紫外線カット・飛散防止・防眩・目隠しなどあらゆるシーンに効果を発揮します。

カーフィルムの効果
断熱効果
●太陽光線を優れた熱線遮断効果で和らげ、反射効果により、暖房熱が逃げにくくヒーターの効き目が効率よくなります。
紫外線遮断効果
太陽光線中の紫外線を99%カットし、内装材や積載物の変色褪色を防止します。
安全性
万一ガラスが割れた場合でも飛散防止により安全性を高めることができます。
プライバシー保護
光の反射率が高いので社内が見えにくくなりますので、プライバシー保護になります。
カーフィルム施工料金表
クラス
車種例

料金(税抜)

軽自動車
ミラ・3Dr
16,800円~
軽1BOX
エブリィ
22,800円~
小軽自動車
マーチ3Dr
17,400円~
普通自動車
カローラ4Dr
20,400円~
普通ミニバン
ステップワゴン・ノア
25,800円~
大型自動車
クラウン4Dr
20,400円~
大型4WD・1BOX
ハイエース
29,400円~
建物・住宅・窓用フイルムも施工しております。

 

当店はIKC株式会社製カーフィルムを使用しています

LUMICOOL SD

DATA 1 光学的特性
品番
可視光線透過率
(%)
紫外線透過率
(%)
赤外線透過率
(%)
遮蔽係数
(%)
3mmフロートガラス
91
65
1.00
NS-008HC
7
1
81
0.70
NS-030HC
30
1
83
0.78
NB-015HC
15
1
82
0.74
MT-015
22
1
10
0.32
FGR-500
74
1
20
0.70
※上記データは3mmフロートガラスにフィルムを貼り付け測定した実測値であり、保証値ではありません。
※可視光線透過率、遮蔽係数はJISA5759による。
※赤外線透過率は780nm~2000nmでの透過率の平均値です。
※遮蔽係数とは、3mmフロートガラスを1.00として、太陽光線の流入熱量を表す数値です。

 

分光透過率

ご注意
カーフィルムは道路運送車両の保安基準によって下記の箇所に貼る場合は、その窓ガラスの可視光線透過率は70%以上が必要です。
1.前面ガラス
2.運転者の側面ガラス
3、助手席側面ガラス
カーフィルムを施工後、視認性が落ちる場合がありますので運転に十分お気をつけてください。
フィルム貼り付け直後は、リア熱線をOFFの状態にしてください。熱線を入れる場合は施工時の水分が完全に抜けてからにしてください。
フィルムが完全に接着するまでは、窓の開閉やリア熱線をONにしないでください。
施工後フィルム表面の汚れは、中性洗剤を含ませた柔らかい布でふき取ってください。固い布やシンナー・ベンジン等のご使用はお避けください。
メタリックタイプ・透明断熱タイプについて
電波を遮断する作用があり、携帯電話・ナビゲーションシステム・テレビなどに影響を及ぼすことがありますのであらかじめご了承ください。
フィルム貼り付け直後は、リア熱線をOFFの状態にしてください。リア熱線をONにしますとメタリック部分に異常をきたす場合があります。熱線を入れる場合は施工時の水分が完全に抜けてからにしてください。
メタリックタイプ施工済車はドアを開けた状態で放置しますと特にリアーウインドウの内側が凹面状態になり、太陽光線の反射角、照射時間、熱量等により内装部材または可燃物の発火原因となる危険性がありますので、駐車中、ドアの解放状態には十分ご注意ください。
Return Top